プラハの春音楽祭 みゅうウィーン ブログ記事ページ

みゅうウィーン ブログ

<< カテゴリ内の前のページ カテゴリ内の次のページ >>

    プラハの春音楽祭


    2014-05-12

  • 5月となり、チェコも爽やかな春の季節となりました。

    5月12日より、ここプラハでは第9回プラハの春国際音楽祭が始まります。

    プラハの春音楽祭会場の一つ、市民会館

     

     世界的有名なこの音楽祭は、チェコ国内でも最大規模の大切な行事の一つ。

    チェコの国民的な作曲家のスメタナの命日にあたる5月12日がオープニングコンサートとなり、

    スメタナの「わが祖国」で幕を開けます。音楽祭は、6月3日のファイナルコンサートまで続き、

    オーケストラ、室内楽、リサイタル、オペラ、そして国際音楽コンクール(毎年違う部門で開催)など

    多彩なプログラムが用意されております。

     

    今年は、久しぶりにチェコフィルがこの大切なオープニングのホストオーケストラとなり、

    指揮者はチェコを代表する指揮者、イルジー・ビエロフラーヴェクです。この初日のコンサートは、

    各国の大使や著名人がたくさん招待されますので、一般の方のチケットの枠が狭く、

    チケットの入手はなかなか困難です。

     

    オープニングコンサートなどオーケストラの演目は、アールヌーボー様式の美しい

    市民会館にあるスメタナホールで演奏されますが、他にもチェコフィルの本拠地である

    ルドルフィヌム、芸術アカデミー、教会などでもコンサートが開かれます。

     

    音楽祭と併設して開かれるプラハの春国際音楽祭コンクールは、毎年違う2部門(今年はオーボエとファゴット)で

    コンクールが行われ、優勝した音楽家は翌年のコンサートで演奏する機会を与えらることもあり、

    若手の登竜門として大切なコンクールとなっております。

     

    今年は、オープニングを飾るチェコフィルの演奏と音楽祭中盤の

    ウィーンフィルが注目です。

     

     

     

     

     

     

     

     

     


<< カテゴリ内の前のページ ブログ記事一覧へ カテゴリ内の次のページ >>

最新記事