今が旬! デュルンシュタイン名産のアプリコットを使ってマリレンクーヘンを作ろう! みゅう中欧 ブログ記事ページ

みゅう中欧 ブログ

<< 前のページ 次のページ >>

    今が旬! デュルンシュタイン名産のアプリコットを使ってマリレンクーヘンを作ろう!


    2020-06-25

  • オーストリアのヴァッハウ渓谷に、デュルンシュタインという街があるのはご存知でしょうか?

    デュルンシュタインはヴァッハウ渓谷で最もロマンチックな街と言われていて、とても可愛らしい街です。

    弊社のツアーでも、ヴァッハウ渓谷クルーズの最後はこの街を散策しています。

    ウィーン発 列車と船で行く 世界遺産バッハウ渓谷1日観光 船上ランチ付き ~メルク修道院とドナウ川クルーズ

     

    この街の名産の1つは、今が旬のアプリコットです。

    アプリコットのジャムを始め、シュナップスやチョコレートなど、アプリコットのお土産を買うことが出来ます。

     

     

    今回はご自宅でオーストリア気分を味わえる、アプリコットを使ったケーキ"Marillenkuchen"マリレンクーヘンをご紹介します。

    簡単に作れるように、缶詰を使ったレシピになります。

     

     

    材料はこちらです。

    バター 60g

    砂糖 60g

    小麦粉 60g

    卵 1個

    牛乳 20g

    アーモンドプードル 15g(なければ小麦粉でも可)

    アプリコット缶詰 1缶

    ※15センチ角型のレシピです。

     

    作り方はこちら

    (準備)

    材料を測っておく。バターと卵を常温に戻しておく。 型に紙を敷く。(敷かない場合は分量外のバターを塗っておく)小麦粉を振るっておく。

    オーブンを180度に予熱する。

     

    1  ボウルにバターを入れ、柔らかくなるまで泡立て器で練る。

    2 砂糖を3回ほどに分けて入れ、しっかり混ぜる。

    3 溶いた卵を少しづつ入れて混ぜる

    4 牛乳も同じように入れて混ぜる

    5 アーモンドプードルを入れて混ぜる

    6 小麦粉を入れ、ゴムベラでさっくりとまぜる

     

    7 型に生地を流し入れ、上にアプリコットを載せる。

    (生地は割と硬めなので、ゴムベラで平らにならしてください)

     

     

    8 180度のオーブンで30分くらい焼く。

    オーブンによって焼き上がり時間が異なりますので、中央に竹串を刺して何も付いてこないか確認して下さい。

     

    出来上がりはこちら!

    今回はココナッツシュガーを使ったので茶色い焼き上がりですが、上白糖を使うと薄っすらとした焼き色となります。

    アプリコットの爽やかな酸味と甘味が口に広がり、アーモンドプードルが程よいアクセントになっていて、とっても美味しかったです。

    生クリームやバニラアイスを添えても良いかもしれません。

     

    お菓子作りが得意ではない私でも、簡単に作ることが出来ました。

    アプリコットが手に入らない場合は、他の果物(例えば、桃)でも代用できます。

    どうぞみなさんも、ご自宅で気軽にオーストリア旅行気分を味わってみてください!

     

    みゅうウィーン H

     

    Instagramも始めました!

    Instagram/Mikitravelvienna

     


<< 前のページ ブログ記事一覧へ 次のページ >>

最新記事


カテゴリー

最新の記事