プラハの春 今年は雨模様 みゅうウィーン ブログ記事ページ

みゅうウィーン ブログ

<< 前のページ 次のページ >>

    プラハの春 今年は雨模様


    2019-05-22

  • 今年のプラハは、寒い日が続きます。

    4月になって、日が長くなったと思っていたのですが、5月になっても、雨が続き気温も10度から20度の間。朝は、やはり冷え込みます。緑は段々色濃くなっているのですが、あまり春を楽しむ感じではありません。

    プラハ春

     

    イースターのときも、やはり曇り空でした。

    それでも、観光客は多く、プラハ城、カレル橋、旧市街広場は大変にぎわっています。プラハ城は、セキュリティーチェックがありますので、週末や祝日はかなり、長蛇の列のようです。

    さて、5月といえば例年、プラハの春音楽祭が開かれます。5月12日に開幕し、オープニングは有名な市民会館のスメタナホール。曲目は、必ずスメタナの「わが祖国」。演奏者は毎年変わりますので、今年はチェコの若い指揮者、ヤクブ・フルシャ指揮、ドイツのバンベルク交響楽団でした。

    市民会館

    現在も、多彩なプログラムが毎日演奏されています。こちらは、6月4日のクロージングコンサートまで、フェスティバルが続きます。

     

     

     


<< 前のページ ブログ記事一覧へ 次のページ >>

最新記事