レトロなカフェ・ハヴェルカ みゅうウィーン ブログ記事ページ

みゅうウィーン ブログ

<< 前のページ 次のページ >>

    レトロなカフェ・ハヴェルカ


    2018-04-06

  • ウィーンはカフェの街として有名で、シェーンブルン宮殿、シュテファン寺院、ホイリゲ、カフェ・・・という感じで、ウィーン観光では外せないポイントの1つです。

    高い天井、豪華な雰囲気の典型的なウィーンのカフェである、カフェ・ザッハー、カフェ・セントラル、カフェ・デーメルなどは、地元の方のみならず、常に観光客の方で賑わっています。

    豪華なカフェとは一味違うカフェとして、カフェ・ハヴェルカを、お勧めさせて頂きます!

     

    カフェ・ハヴェルカの歴史は、第2次世界大戦前に遡り、中は、当日の雰囲気が残ります。著名人、芸術家、学者達がここで集いました。

    私は、実は、10年前に1回行ったことがあったのですが、タバコの煙がムンムンとしていて、それ以来、二度と行くことがありませんでした。

    しかし、2011年7月、全席禁煙となってから、先日、初めて、再びカフェ・ハヴェルカに行きました。

    タバコの煙を気にする必要がなくなると、重厚な木材と、薄暗い照明がとってもレトロな雰囲気を演出していて、落ち着いて、ティータイムを楽しむことができました。

     

    ウィーンのカフェは、カフェインなしのコーヒーやカフェラテなどが注文できますが、カフェ・ハヴェルカには、カフェインなしのコーヒーはありませんでした。 その為、ホットチョコレートを注文しました。

     

    そして、他のお客様達が食べていた、ブフテルン(パン生地にマーマレードを練りこんで焼き上げたもの)が美味しそうでしたので、注文しました。

    ウェイターさんに、『まだ、残っていたらね』と言われました。行ったのは、午前11時くらいだったのですが、それほど、ほとんどの人が注文していました。

    少し経ってから、ウェイターさんが『これが最後の2つだ』と言って、持って来てくれました。ラッキーでした(^^)

    このブフテルン、焼き立てで暖かくて、ふわっふわっ なんです。

     

    パン生地に、粉砂糖が振りかけられていて、中には、ジャム(Zwetschgen = プラムの一種)が出てきて、とっても素朴で、美味しいです!私は、ブフテルンが、有名なザッハートルテよりも、遥かに好きです。

     

    ウィーンでカフェ巡りを考えていらっしゃる皆様、豪華なカフェの後には、是非、ひと味違う魅力のある、ハヴェルカもリストに入れてみて下さい!

     

    カフェ・ハヴェルカ ( Cafe Hawelka )

    住所:     Dorotheergasse 6 1010 Wien

    電話:      +43 1 512 82 30

    営業時間:   月~木 08:00 – 24:00
            金~土 08:00 – 01:00
            日&祝 10:00 – 24:00 

    ホームページ: http://www.hawelka.at/cafe/de/

     

    みゅうウィーン(Y)

     


<< 前のページ ブログ記事一覧へ 次のページ >>

最新記事