エクスぺリダンス - 情熱の祭典 (ハンガリー) みゅう中欧 ブログ記事ページ

みゅう中欧 ブログ

<< カテゴリ内の前のページ カテゴリ内の次のページ >>

    エクスぺリダンス - 情熱の祭典 (ハンガリー)


    2014-12-30

  • ブダペストから、2014年最後の更新は、ハンガリー各界で話題のダンスカンパニー エクスぺリダンス の紹介です。

    Tempestuous - Sisi

    ハンガリーの首都ブダペストにおいて、2000年に結成されたエクスぺリダンス・カンパニー。

    設立者および振付師としてチームをけん引するロマ-ン・シャーンドル代表は、ハンガリー民族舞踊を主要なエレメントとして、バレエ、現代ダンス、ジャズダンスなども取りこみ、新しい舞台芸術を完成させました。そして光と音の演出を加え、スペクタクルで感動的なエンターテイメント作品を次々に生みだしています。

    メンバーは、ハンガリー舞踊アカデミー出身者からなり、確かな技術に支えられた、情熱と歓喜の舞台を作りだします。

    Tempestuous

    2014年現在、14以上のレパートリーをもち、「満員御礼」公演は結成以来1300回を超えています。2011年よりブダペスト市13区のRaM Colosseum劇場を本拠地とし、ハンガリー国内の地方公演、欧州各地への出張公演も頻繁に行い、ハンガリー内外で熱狂的な歓声を受けています。

    また他のアーティストとの共演も積極的に行っています。最近では2014年12月に、3日間4公演で48000人を動員した、ピアニスト、ハヴァシ・バラージュのシンフォニック・アリーナ・ショーにおいても観客を魅了しました。

    ----

    上部掲載の2つの画像は、人気作品 Tempestuous (大騒ぎ/ハンガリー語オリジナルタイトル Fergeteges )のもので、つい先日に上演されたドイツ、ブレーメン出張公演からのものです。

    副題には 王妃と伯爵とジプシー娘 とあり、ハンガリーオペレッタの傑作「チャールダーシュの女王」などのイメージを観客に想起させます。

    実際のところ、ハンガリー人ならこの副題だけで、王妃はハプスブルク皇妃エリザベート(シシー)、伯爵はオーストリア・ハンガリー二重帝国時代にハンガリー首相、その後二重帝国外務大臣となったアンドラーシ伯爵がモデルだとわかります。そしてこのブレーメン公演で、初めて副題に シシー が追加されました。

    この作品は私もこの6月にブダペストの公演で観て、大感激でした!

    この舞台では、有名な100人のジプシー楽団から選抜された40名からなるジプシー楽団が舞台奥で演奏して、公演に花を添えます。

    ジプシー楽団

     

    ブダペスト訪問の際は、このファンタスティックでエキサイティングなパフォーマンスをお見逃しなく!

    ---

     

    人気作品

    こちらは公式パンフレットから、初期からの人気レパートリーの紹介イメージです。

    ---

     

    公式サイト http://experidance.hu/

    Facebook公式 https://www.facebook.com/experidance

     

    公演会場(本拠地)

    RaM Colosseum劇場

    1133 Budapest, Kárpát utca 23.

     グーグルマップ: http://goo.gl/maps/hu6ME

    公式サイト http://www.ramcolosseum.hu/

    DHSRヘリア・ホテルより約240メートル、徒歩約3分

    最寄りの地下鉄3号線Dozsa Gyorgy ut駅から約800メートル、徒歩約10分

     

    間近の公演情報はFacebook公式のイベントページからご確認頂けます。

    https://www.facebook.com/experidance/events?key=events


<< カテゴリ内の前のページ ブログ記事一覧へ カテゴリ内の次のページ >>

最新記事


カテゴリー

最新の記事