世界遺産クトナホラ みゅう中欧 ブログ記事ページ

みゅう中欧 ブログ

<< カテゴリ内の前のページ カテゴリ内の次のページ >>

    世界遺産クトナホラ


    2014-11-21

  •  秋のクトナホラ

    チェコも日の入りが早くなり、段々寒くなってきました。

    今年は、比較的まだ暖かいのですが、いまの季節やはりコートが必要です。

     

    今回ご紹介するのは、クトナホラ。

     

    プラハから車で1時間半ほどのユネスコ遺産の街です。

    13世紀後半に銀が発見され、かつては王立造幣局があり、プラハを凌ぐ繁栄をした場所です。

     

    チェスキークルムロフほど華やかではありませんが、チェコらしい古い街並に

    壮大な聖バルボラ大聖堂、セドレツの納骨礼拝堂などがみどころです。

    観光地ですので、比較的英語も通じますし、カフェやレストランもたくさんあります。

     

    プラハに滞在されて、お時間がありちょっと郊外に足を伸ばしたいときなど

    もってこいの観光地かもしれません。

     

    ただ、個人でいくには案外面倒です。

    列車の場合ですと、プラハからクトナホラ中央駅までいきますが、

    ここでローカル線にのり、クトナホラMestoという駅で降りますと

    旧市街に歩いていけます。バスもありますが、こちらは間引かれていますので、

    お出かけの際は確認が必要です。

     

    クトナホラー行きのツアーもありますので、専用車で効率よくまわって

    日帰りするのも良いアイディアです。

     

     

     

     

     


<< カテゴリ内の前のページ ブログ記事一覧へ カテゴリ内の次のページ >>

最新記事


カテゴリー

最新の記事