非常事態宣言後のリスボンにて ミキ・リスボン ブログ記事ページ

ミキ・リスボン ブログ

<< 前のページ 次のページ >>

    非常事態宣言後のリスボンにて


    2020-04-07

  • ヨーロッパの他の多くの国と同じく、ポルトガルでも先月3月18日

    大統領より非常事態宣言が発出されました。

    それに伴い現在も全国民に対し外出制限が課されていますが、

    テレワーク推奨ではあるものの通勤は認められており、また運動の為の

    外出も許されています。

    他は、いわゆる不要不急の外出は避ける。ということで病院(動物病院も開いています)への通院、薬局やスーパーへの買い物も特に許可を

    取る必要はなく自由に行きたい時に行くことができます。

    みゅうリスボンでも時を同じくしてテレワークが始まりましたが、

    一番心配だったのはやはり運動不足!

    自宅へ籠ることでウィルス感染は避けられても、未だかつてない

    でぶ症が発症しては社会復帰が困難になってしまいます。

    運動が許されているので、規則正しい生活を送る為にも朝起きたら

    徒歩通勤と同じ時間の1時間ウォーキング。

    そして終業時間後にはジョギングをしています。

    走るのは特に好きではないので、毎日のジョギングは正直面倒なこともあります。ですが走り終わった後の爽快感には特別なものがあります

    し、自宅で仕事をする(しかも狭い自宅というオプションつき)のも

    どうなることかと思っていましたが、ルーズな自分に、仕事と

    プライベートの区切りをきちんとつけさせる為にもこのリズムは

    あっているようです。

     

    となると、もっぱらの一番の敵はこちらになります。

     

    ただの黒い塊に見えますが、我が家のアイドル猫ぽぽちゃんで

    ございます。

    家族みんなに愛され可愛がられるその特性を利用し、飼い主がお茶を

    淹れに立ったすきに椅子を取り寝込む。

    椅子と飼い主の背中の隙間に入り込みやはり寝込む(動くと落ちるので

    身動きできず腰痛のもとに。無理な体勢で自撮りした写真は

    ぶれてしまったので画像はなし)。

    などやりたい放題なのです。

    ですが家族ともぽぽちゃんとも、こんなに長い時間を一緒に過ごすことはしばらくなかったので、色々な思いに鬱々としがちな毎日ですが、

    思いがけずできたこの貴重な時間をできるだけ有意義に過ごしたいと

    思っています。

    *ポルトガルの非常事態宣言は現在4月17日まで延長されています。

    Y.K


<< 前のページ ブログ記事一覧へ 次のページ >>

最新記事