絶対見たい!4年に1度しか見られない超貴重なお祭り 〜タブレイロス祭り〜 トマール ミキ・リスボン ブログ記事ページ

ミキ・リスボン ブログ

<< 前のページ 次のページ >>

    絶対見たい!4年に1度しか見られない超貴重なお祭り 〜タブレイロス祭り〜 トマール


    2019-05-06

  • 今日は、ポルトガルで最も古く、最も規模の大きなお祭りの代表格であるトマールのタブレイロス祭りのご紹介をしたいと思います。
     
    トマールは、リスボンから電車で約2時間。ナバオン川が町中を流れる、緑豊かで静かな町です。
    その昔テンプル騎士団の統治下にあったことから、テンプル騎士団との繋がりは非常に深く12世紀にテンプル騎士団によって建設された
    トマールの修道院は、世界遺産として非常に有名です。
     
    その敷地だけでなく、修道院自体も非常に大きくてとても見ごたえがあります。
     
    そしてこのトマールにはもう1つ有名なことがあり、それが4年に1度
    行われるこのお祭りFESTA DOS TABULEIROS、「タブレイロスの
    お祭り」。
    タブレイロとはずばりお盆(今はトレイとも言いますね〜)のことで、タブレイロの最後にスがつくのは複数形だから。
    伝統的に白い衣装を着た女性が、本人と同じ身長の高さのパンと造花の載ったお盆を頭に載せて(なんとも重そうですが。。)トマールの町、全長約5キロを歩きます。
     
    このタブレイロスのお祭りはポルトガル1観光客の多いお祭りとして
    知られていますが、なんと世界で見てもかなり規模の大きなお祭りに
    分類されており、国内外から延べ約50万人が訪れます。
     
    期間中は、町の中心は色とりどりのオーナメントで飾られて歩いているだけで楽しい!
     
     
       
     
    これがお盆の上に載せられます。 
      
      
    いよいよパレードが始まります! 
      
       
      
    トマール自体がとても可愛らしい町ですし、この圧巻のタブレイロスのお祭りは、幸運にもこの時期ポルトガルにいるわ、という方には
    本当に是非見てみて頂きたいです!
     
    7月7日、本番のパレードの日には人数限定でリスボンから日帰りの
    ツアーを催行しますので、皆様是非ご参加下さい!
    【7月7日・12名限定】 4年に1度しか見られないトマールのタブレイロスの祭り
     
     
     

<< 前のページ ブログ記事一覧へ 次のページ >>

最新記事