【食欲の秋2021】ミラノの新スポット『メルカート チェントラーレ』前半 みゅうローマ みゅうベネチア ブログ記事ページ

みゅうローマ みゅうベネチア ブログ

<< 前のページ 次のページ >>

    【食欲の秋2021】ミラノの新スポット『メルカート チェントラーレ』前半


    2021-09-22

  • こんにちは。

    ミラノ発信者ワキです。

     

    9月2日、食のマーケット、メルカート・チェントラーレ(Mercato Centrale)がミラノ中央駅構内にオープンしました。

    マルペンサ空港行シャトルバスの発着所近くになります。

     

    昨年オープン予定だったのが、コロナで遅れ今回に至ったようです。

    建築はAlberto Torsello のヴェネツィアのグループTA ARCHITETTURA によるもので、コンセプトは、コラージュ(collage)、具象芸術(arte concreta)、アウトサイダーアート(Art Brut)の3点で、店内は様々な落書きのようなアートで装飾されています。

    落書きの達人に対抗するような落書きの上塗りが難しい、逆に言えば落書きをすれば、それが更に活きて来る、というような新しい知的な作りになっています。

    二つの階で構成され、4500平米の店内には36ブースのうち、29ブースが専門家による職人の店(Artiginato)で、職人名と写真が掲げてあり、とても分かりやすくしてあります。

     

    入るとすぐにパン屋や、ジュース屋、中華のラビオリ、菓子屋を抜けるとトリュフ屋があり、

     

    そこからエスカレーターで上の階へ移動します。

     

     

    テーブル席がたくさんありますが、どの席に座っても良し、席代はかかりません。

    テーブルにはQRコードが有り、直接オーダーも出来ます(登録要)。

    もちろん外から時間指定の持ち帰りオーダーも出来ます(Zero fila 列はゼロ=並ばない)。

     

    上の階の奥にはクッキングスクールも有り、その手前には唯一のレストランが有り、ここだけはテーブルにQR コードがありません。

     

    グッズショップには駅構内ということで、電車の出発の表示もあります。

     

    今回はミラノで話題の新スポットの施設を紹介しました。

    次回はこのスポット内の店を更に掘り下げて見ていきましょう!

    続編もお楽しみに!

    編集:shota.k

     


<< 前のページ ブログ記事一覧へ 次のページ >>

最新記事


カテゴリー

最新の記事