【おうちごはん】家で作れる本場のイタリアン!カーヴォロ・ネーロのパスタペースト みゅうローマ みゅうベネチア ブログ記事ページ

みゅうローマ みゅうベネチア ブログ

<< 前のページ 次のページ >>

    【おうちごはん】家で作れる本場のイタリアン!カーヴォロ・ネーロのパスタペースト


    2021-02-19

  • こんにちは!フィレンツェのガイド岡本です。

     

    こちらでは今年は早くも1月の末には

    ミモザが開花しましたが、まだ結構寒い日が多く

    春まではもう一息です。

     

    そこでこの季節ならではの食材を使った

    パスタなどに使える簡単なペーストのお話です。

     

    イタリアンのペースト、といえばなんと言っても

    爽やかなバジリコのペースト、ジェノベーゼですが、

    冬には旬の冬野菜を使ってみるのもオツなものです。

     

    冬にトスカーナ地方を中心とする中部イタリアに出回る

    カーボロ・ネーロ、黒キャベツ。

     

    アブラナ科の野菜で日本でまったく同じものは見かけないかもですが、

    国内でも一部で生産されているケールの仲間です。

     

     

    黒キャベツといえども、実際は黒ではなく美しい深い緑色。

    "私には大地の恵みが凝縮されています!"という主張が

    感じられるかのようです。

     

    いわゆる一般的なキャベツよりも味わいが濃く、

    単にゆでてオリーブオイルとレモン汁などで和えて

    食べるのも美味しいですし、こちらトスカーナ地方の

    郷土料理のリボッリータ(パンと野菜の煮込み料理)の材料にも

    欠かせませんが、フィレンツェのどこかのレストランの

    メニューにこのペースト、というメニューがあったことを

    思い出し、作ってみました。

     

     

    松の実ニンニク少量唐辛子少々をフードプロセッサーで攪拌し、

    あらかじめ2,3分ゆでて冷ました黒キャベツの葉とそのゆで湯少々を

    加えてさらに攪拌。

    器に取り出してオリーブオイル(できるだけ良質の)適宜を混ぜて

    ペーストにちょうど良い濃度にします。

     

     

    このままでもパンに塗るだけでもとっても美味しいですが、

    是非ゆでたパスタに和えましょう!その時にはやはり

    パルメザンチーズをプラスするとコクが出ます。

     

     

    写真ではリングイネを使っていますが、フジッリなどの

    ショートパスタにもバッチリです。

     

    日本ではケールで類似のものが作れると思います。

     

    そして是非イタリアにいらっしゃった際には

    カーボロ・ネーロを使った本場のお料理を

    食べてみてくださいね!

     


<< 前のページ ブログ記事一覧へ 次のページ >>

最新記事


カテゴリー

最新の記事