大ヒット中の韓国ドラマ”愛の不時着”、ロケ地巡り(後編) ミキトラベル・ジュネーブ ブログ記事ページ

ミキトラベル・ジュネーブ ブログ

<< 前のページ 次のページ >>

    大ヒット中の韓国ドラマ”愛の不時着”、ロケ地巡り(後編)


    2020-08-01

  • ロケ地巡りの後編です。今回はクライネシャイデッグ、イゼルトヴァルトとルンゲルン湖の紹介なります。第2話で登場するクライネシャイデッグです。ユングフラウヨッホに上がる時の乗り換え駅で、例年、大勢の日本人観光客で賑わっているところです。

    また、アイガーウォークといった人気ハイキングコースもこの周辺にあります。正確に言うとドラマで登場する場所はここです。アイガーウォークの途中にあります。

    ユン・セリとリ・ジョンヒョクのようにパラグライダーは眺めたりしてみませんか?

    こちらはKleine Scheideggを出て、ユングフラウヨッホに向かう電車です。アクセス方法となりますが、お勧めなのはまずユングフラウヨッホを観光してから、下る時にクライネシャイデッグの一個手前の駅であるEigergletscherで下車して1時間強のハイキングでクライネシャイデッグに戻ることです。ハイキングが可能な時期は大体6月中旬から10月末です。Kleine Scheideggに行くにはInterlaken、そしてGrindelwaldかLauterbrunnen経由で電車での移動となります。次はイゼルトヴァルトです。こちらの桟橋は第3話で登場して、リ・ジョンヒョクがピアノを弾いている場所です。オープニングシーンで登場するイゼルトヴァルトの湖畔です。後ろに見える建物はSeeburgでイゼルトヴァルトの象徴的な存在です。個人の持ちもので入ることはできません。

    ドラマ関連個所とは別にイゼルトヴァルトはとても可愛らしい村で通常の観光の際でもぜひ寄って頂きたい場所です。

    アクセスですが、上記の動画のようにInterlakent Ost(see)、或いはBrienz(see)から船でアクセスは可能ですが、冬は運行されていません。ちなみに上記のような動画を撮りたい場合はInterlaken Ost(see)に乗船する必要があります。それ以外のアクセス方法はInterlaken Ost, Bahnhofから1時間に一本でるポストバス(103番線)もあります。終点であるIseltwald, Dorfplatzで下車してください。最後はルンゲルン湖の紹介です。インターラーケンとルッツェルンの間にあります。最終話で登場するルンゲルン湖ですが、実際の撮影は場所はこの高台にある家です。実際、人が住んでいるので近づかないようにお願いがしたいです。Geocodeは46.814955, 8.172210なのでGoogle mapで検索すればすぐ場所がわかります。写真を撮るには湖畔の道からです。ピクニックするところは家のすぐ左の畑です。この家のある村はKaiserstuhl OWです。Interlaken OstとLuzernの間に運行されているLuzern-Interlaken Express列車の途中駅です。

    最後に紹介していないところはあります。ユン・セリがピアノの演奏を聴きに行くところで、インターラーケンの中心に立つ高級ホテルのVictoria Jungfrau Grand Hotelです。是非一泊でもお泊り頂きたいホテルです。

    前半はこちらです。


<< 前のページ ブログ記事一覧へ 次のページ >>

最新記事