旅情あふれる国 ポルトガルへ行こう!

旅情あふれる国 ポルトガルへ行こう!

旅情あふれる国 ポルトガルへ行こう!

ーラシア大陸の西端、イベリア半島に位置するポルトガルはさまざまな色に彩られた国です。街に溶け込むブルーのアズレージョ、旅情を誘うイエローのケーブルカー、港に浮かぶ色とりどりの船、ワインの里の緑鮮やかなブドウ畑。古の大航海時代はヨーロッパ諸国の先陣を切って新航路を開拓していき、栄華を誇ったポルトガル。その歴史の面影を今に残しながら、素朴でゆったりと時間の流れる癒しの国を旅してみましょう。

首都リスボンと第二の都市ポルト

リスボン Lisbon
「7つの丘」と呼ばれる起伏の多い土地に築かれ、イエローの路面電車が石畳の坂道をのんびりと走る光景が情緒を醸し出す美しい街です。アズレージョと呼ばれる装飾タイルで覆われた絵のような家々が軒を連ね、一方で大航海時代の繁栄の名残を伝える歴史的なモニュメントも点在。かつて新大陸に向けて船が出港した歴史的なエリア、べレン地区のべレンの塔や壮麗なジェロニモス修道院は世界遺産に指定されています。

ポルト Porto
ポルトガルの北部、ドウロ川河口の丘陵地帯に位置するポルトはリスボンに次ぐポルトガル第2の都市。河岸とその周辺に広がる歴史地区が世界遺産に登録されています。古くから良港として発展を遂げてきたポルト。ドウロ川にかかる橋、数多く残る歴史的建造物や教会など、川と街がみごとに調和した美しい古都の街並みを作り出しています。特産品としてポートワインが有名です。

オビドス Obidos
城壁に囲まれたオビドスは白い壁の家が並び、「谷間の真珠」と呼ばれる美しい町。19世紀までポルトガル王妃の直轄地であったことでも知られています。

ナザレ Nazare
独自の習慣と伝統衣装が今も残る風光明媚な海辺の漁村ナザレは、ポルトガル有数のリゾート地。展望台からは碧い海とビーチが広がる素晴らしい眺めを見渡せます。漁村だけに新鮮な海の幸も味わえます。イワシの炭火焼きが有名。

コインブラ Coinbra
ヨーロッパでも最古の大学のひとつであるコインブラ大学がおかれる、アカデミックな雰囲気が漂うポルトガルの文化・学術の中心的な町。丘の上の大学を中心として広がる町はかつてポルトガルの首都だったことも。古い歴史を誇る大学内では壮麗な外観の図書館や大学のシンボルである時計塔などが並びます。

アゲダ Agueda
ポルトガル中部の町・アゲダで7月~9月に行われる「アンブレラ・スカイ・プロジェクト」へ訪れてみませんか。空を見上げれば町中が無数のカラフルな傘で覆われ、空に敷かれたフラワーカーペットのような光景は、見ているだけで幸せな気分に。ポップで色鮮やかな傘には太陽の光も似合います。実はその強い日差しを防ぐ役割もあるのだとか。

アマランテ Amarante
ポルトガル北部、タメガ川にかかる橋の光景が美しいアマランテは自然豊かな田舎の町。この小さな町は多くの独身女性が訪れる縁結びスポット。縁結びの神様、ゴンザーロ聖人が町の守護聖人であることで有名です。町の教会にはゴンザーロ聖人が祀られています。毎年6月初旬にはゴンザーロ祭が開催され、良縁を求めて多くの女性たちが訪れます。

モンサント Monsanto
「最もポルトガルらしい村」に選ばれたこともあるモンサントは巨岩と一体化した不思議な村。巨岩の下に家があったり、建物に食い込んで家の一部になっていたり、その光景はまるで岩のアート。実際に見てみないとわからない迫力をぜひ体験してみてください。

ドウロ渓谷 Douro Valley
スペインからの源流がポルトへと続く全長925キロのドウロ川の上流地域はアルト・ドウロと呼ばれるポートワインの産地。
滔々と流れるドウロ川を囲む渓谷沿いにはぶどうの段々畑が広がり、その素晴らしい景観と共に、ポルトガルが世界に誇るポートワインの伝統的な製造方法が世界文化遺産に登録されています。かつてはここで収穫され、樽詰めされたワインが、ドウロ川を下る帆船によってポルトに運ばれていました。独特の縞模様が織りなす雄大なぶどう畑の美しさに心癒されます。

古くはワインの摘み出し港として栄えたレグアやピャニオンなどのドウロ川沿いの村には、ポートワインの製造所やワイナリーが点在。夏季にはクルーズ船やレトロな蒸気機関車も運行し、豊かなドウロ渓谷の自然を満喫することができます。

ポルトガルの食を体験!

▶ バカリャウ(干しダラ)やイワシ、日本では馴染みの深いタコなどが魚介料理のポピュラーな食材。新鮮な素材を生かした素朴な味わいは食べやすくあっさり。魚介のリゾットも名物メニューです。

▶ カステラの発祥地が実はポルトガルであることをご存知ですか?本家本元、オリジナルのカステラは表面はふわふわ、中は超しっとり。馴染みのあるカステラ像とはちょっと違うかもしれません。 ちなみにカステラという名称の由来はスペインのカスティーリャ地方(ポルトガル語で「カステーラ」)のお菓子、という意味なんです。ポルトガルではカステラという呼び方は使われず、「パォン・デ・ロー」という名称が一般的。

▶ ポルトの特産品といえばポートワイン。発酵途中にアルコールを加え、ブドウの自然な甘みを引き出す独自の製法で知られるポートワインは「アルト・ドウロ」と呼ばれるドウロ川上流地域で栽培されるブドウを原料としています。赤ワインはその美しいルビー色から「ポルトガルの宝石」とも呼ばれています。

旅情あふれる国、 ポルトガルの魅力をたどる旅へ。

PICT

リスボン発 【7月~9月限定】ポルトガル各地をぐるっと一周! ポルトガル周遊3日間 アゲダの傘祭りにも行きます

ポルトガルの見どころを網羅したコース。オビドス、ナザレ、大学の町コインブラ、ポートワインの故郷ドウロ渓谷、巨岩の町モンサントなどを訪れます。食事も名物料理が並んだポルトガル満喫ツアーです。7月か...

1名様あたり料金

540.00EUR (73,176円)~

詳細はこちら

PICT

リスボン発 【7月~9月限定】 アゲダの傘祭りとオビドス、ナザレ、コインブラ、コスタノヴァ  ~リスボン発 ポルト着...

リスボンからポルトへ移動しながら、途中、あのアゲダの傘祭りを見学。オビドス、ナザレ、コインブラなどの観光地とカラフルなコテージが並ぶ海沿いの街コスタ・ノヴァも訪れます。

1名様あたり料金

180.00EUR (24,392円)~

詳細はこちら
リスボンからの日本語ツアー

PICT

リスボン発 日本語ガイドと行く リスボン半日市内観光 & シントラ、ロカ岬半日観光

リスボンの名所を効率よく観光できる市内観光と世界遺産の街シントラの午後観光がセットでお得に。日本語ガイド付きなので安心です。

1名様あたり料金

205.00EUR (27,780円)~

詳細はこちら

PICT

リスボン発 日本語ガイドと行く オビドス、アルコバサ、ナザレ、バターリャ、ファティマ1日観光

独自の文化を持つ魅力的な5つの街を巡るツアー。中世の城壁に囲まれた小さな村オビドス、カラフルな漁村ナザレ、「聖母マリアの奇跡」で有名なファティマなどをご案内します。

1名様あたり料金

199.00EUR (26,967円)~

詳細はこちら

PICT

リスボン発 日本語ガイドと行く シントラ、ペーナ宮殿、ロカ岬 1日観光 昼食付き

美しいペーナ宮殿、文化的景観の広がるシントラの街並み、国際都市カスカイスが楽しめる1日ツアー。ユーラシア大陸最西端のロカ岬も訪れます。

1名様あたり料金

208.00EUR (28,187円)~

詳細はこちら

PICT

リスボン発 日本語ガイドと行く カトリックの聖地ファティマ午後観光

日本語ガイドと聖地ファティマを半日で観光するツアーです。壮大なファティマ・サンクチュアリの見学や、バジリカ、出現のチャペル、トリニティー教会などをご覧いただきます。

1名様あたり料金

117.00EUR (15,855円)~

詳細はこちら

PICT

リスボン発 日本語ガイドと行く シントラ、ロカ岬半日観光

かつては夏の離宮があった世界遺産のシントラや、ポルトガルのリゾート地カスカイスやエストリルを回ります。4~10月はユーラシア大陸最西端のロカ岬へご案内いたします。

1名様あたり料金

127.00EUR (17,210円)~

詳細はこちら

PICT

リスボン発 【プライベートツアー】日本語ガイドと鉄道で行く 日帰りポルト1日観光

現地在住の日本語ガイドと、日帰りでポルトを訪ねます。サン・フランシスコ教会やドン・ルイス1世橋、そしてポートワインの名門ワイナリーとして知られるSANDEMAN(サンデマン)など、リスボンから日...

1名様あたり料金

313.00EUR (42,415円)~

詳細はこちら

PICT

リスボン発 【プライベートツアー】 7月~9月限定! 日本語ガイドと専用車で行くアゲダの傘祭りとコインブラ、ナザレ、...

旅行者から絶賛の声が寄せられる「アゲダの傘祭り」と、コインブラ、ナザレ、オビドスを日本語ガイドとともに専用車で訪れる期間限定のツアーです。

1名様あたり料金

167.00EUR (22,631円)~

詳細はこちら

一覧へ戻る