ルーアンのプロジェクションマッピング観賞ツアー パリオプショナルツアー 詳細ページ

パリの観光ツアー・レストラン・チケット

パリ発
【プライベートツアー】専用車で行く 光のルーアン ~ルーアン大聖堂プロジェクションマッピング観賞

  たくさんのご参加をお待ちしています


期間限定、大聖堂を彩る光のショー

ノルマンディ地方の古都ルーアン。この町のシンボルとも云えるルーアン大聖堂では6月~9月の期間限定で、毎夜プロジェクションマッピングが行われています。このルーアンのプロジェクションマッピングが見られる時間に合わせ、パリから専用車で往復するサービスです。
ルーアンでプロジェクションマッピングを見るためには、パリに戻る終電がなくなってしまうため、ルーアンに1泊する必要がありますが、このツアーは遅いパリ帰着後でもパリ市内のホテルまで専用車でお送りしますので、お帰りの心配もなくご参加いただけます。(送迎対象ホテルについては一部条件あり)

テーマは「バイキング」と「新世界」

ノルマンディは、バイキングと呼ばれる北欧の海賊ノルマン人が住みついたことからその名がつきました。「新世界」ではルーアンのアルマダ祭2019に合わせて、戦艦や無敵大艦をイメージした映像演出。
アルマダ祭とはルーアンで行われる大規模な帆船フェスティバルで、期間中ヨット、客船、海軍戦艦など様々な帆船を見学することできます。(※アルマダ祭は6月6日から16日の開催です。)

ルーアンの大聖堂

ルーアンの大聖堂

ルーアンといえば、印象派の巨匠クロード・モネが手がけた代表作品のひとつ「ルーアン大聖堂の連作」を思い出す人も多いのではないでしょうか。モネはこの大聖堂の正面ファサードを被写体とし、対象にあたる陽光と、陰影によってもたらされる変化を描きました。
また、フランス・ゴシック最高建築のひとつでもあるルーアンのノートルダム大聖堂には、「石のレース」と賞賛される西側ファサードがあり、複雑で繊細な装飾が施され、フランボワイヤン・ゴシックという建築様式が取り入れられています。


現地スタッフブログ
▶ イルミネーション@ルーアン
▶ モネが連作を描いた、ルーアン大聖堂


ルーアンのプロジェクションマッピング
他にもルーアンのプロジェクションマッピングを見に行くツアーがあります

▶ 【プライベートツアー】専用車で行く モンサンミッシェルとルーアン大聖堂プロジェクションマッピング観賞

大変申し訳ございませんが、現在販売中のプランはございません。
集合時間
集合場所

集合時間:6月・7月のご参加は20:30、8月1日~15日のご参加は20:00、8月16日~31日のご参加は19:30、9月のご参加は19:00
集合場所:パリ市内ご宿泊ホテル

終了場所
ご宿泊ホテル
所要時間
約5時間30分
時間
スケジュール内容
ドライバーが専用車でお客様のご宿泊ホテルにお迎えにあがります
出発
ルーアンへ向かいます(約2時間)
ルーアン着
自由行動(約30分)
※大聖堂は夜間クローズのため、入場できません。
大聖堂のプロジェクションマッピング開始
光のショーをお楽しみください

※プロジェクションマッピングの開始時間
6月・7月:23:00
8月1日~8月15日: 22:30
8月16日~8月31日: 22:00
9月1日~9月23日: 21:30
パリに向けて出発
ご宿泊ホテル着、終了

※パリ帰着時間の目安
6月・7月 : 2:00頃
8月1日~8月15日: 1:30頃
8月16日~8月31日: 1:00頃
9月1日~9月23日: 0:30頃
    企画・実施会社: [みゅう] パリ (ミキトラベル・パリ)

    ※日本語を話す係員は同行いたしません。また、ドライバーは英語ドライバーとなります。
    ※お申し込み時にご宿泊ホテルをお知らせいただきます。
    ※ホテルによってはホテルまでのお送りのサービスを手配できない場合があり、サービスをお受けできない場合があります。
    ※送迎対象のホテルはパリ市内と環状線そばまでとなります。その他郊外、パリ市内から遠いホテルに宿泊されているお客様のお申込みは追加料金がかかる場合、またはお受けできない場合があります。

    ※プロジェクションマッピングの開始時間は月によって異なります。そのため、パリの出発時間および帰着時間もプロジェクションマッピングの時間に合わせて異なりますので、お申し込み時にご確認ください。
    ※ルーアンの大聖堂は夜間のためクローズとなり入場できません。外観からの見学となります。
フランスのオプショナルツアー一覧へ