フィンランド ロヴァニエミ、サーリセルカでのオーロラ体験

フィンランド ロヴァニエミ、サーリセルカでのオーロラ体験

フィンランド ロヴァニエミ、サーリセルカでのオーロラ体験

北欧のオーロラを見に行こう!

北極圏に浮かぶ幻想的なオーロラ体験

北極の空に描かれる光のカーテン。天体の極域でしか見ることのできないオーロラは自然が生み出す神秘的なライトショーです。雲のない天空を幻想的な光が支配する、その光景は生涯忘れられないものとなるはず。
ローマ神話に登場する暁の女神アウローラがその名の由来とされるオーロラ。その光はかつてバイキングたちの道しるべにもなったと言われています。
冬のシーズンは北極圏に近い国、フィンランドでオーロラを探す冒険に出かけてみませんか?

大好評![みゅう]のオーロラツアー《ロバニィ》&《サーリィ》
オーロラを探す冒険へ!お申込みはこちらから

PICT

ロヴァニエミ発 オーロライナー 《ロバニィ》 ~ロヴァニエミからのオーロラ観賞ツアー

大人気のオーロラツアー!ロヴァニエミ近郊の絶好のオーロラ観測地点として知られるスノーホテルに行き、オーロラ出現を待ちます。オーロラだけではなく、北欧名物ディナーやスノーサウナ体験が合わせて楽しめ...

1名様あたり料金

84.00EUR (11,124円)~

詳細はこちら

PICT

ロヴァニエミ発 オーロライナー 《ロバニィ》 1泊2日 オーロラ観賞&雪と氷のホテルに宿泊

通常のオーロラツアーの内容に加え、雪と氷で作られたスノーホテルに宿泊して、翌日ロヴァニエミに戻ります。氷の部屋の中で氷のベッドで一晩過ごす貴重な体験ができます。

1名様あたり料金

303.00EUR (40,124円)~

詳細はこちら

PICT

ロヴァニエミ発 オーロライナー 《ロバニィ》 1泊2日 寝ながらオーロラ観賞「ガラスイグルー」に宿泊

満天を望むイグルーに宿泊するオーロラツアー!通常のオーロラツアーの内容に加え、屋根がガラスでできた宿泊施設「ガラスイグルー」に宿泊して、翌日ロヴァニエミに戻ります。透明な屋根を通して夜空を見なが...

1名様あたり料金

369.00EUR (48,863円)~

詳細はこちら

PICT

サーリセルカ発 オーロライナー 《サーリィ》 ~ サーリセルカからのオーロラ観賞ツアー

サーリセルカから、当日の天候をもとにオーロラ出現率の高い場所を目指して移動し、オーロラを見つけて観賞するツアーです。途中、暖かいお飲物とスナックで休憩タイムもあります。

1名様あたり料金

75.00EUR (9,932円)~

詳細はこちら
今年はレヴィのキートス号も予約できます

スキーリゾートとして有名なフィンランドのレヴィ。北極圏にあるこのレヴィを基点にして、オーロラを探しに行くバスツアー「キートス号」も予約できます!

PICT

レヴィ発 キートス・オーロラハンティングツアー

オーロラ観測できるリゾートとして人気のフィンランド北方の町レヴィから、オーロラを探しに出発!日本語アシスタントが同行するので安心して参加できます。

1名様あたり料金

100.00EUR (13,242円)~

詳細はこちら
フィンランドで観る!オーロラのポイント

★日常の中で観るオーロラ★
オーロラの観測が可能な場所は「オーロラベルト」と呼ばれる高緯度の地域。フィンランドはじめ、北欧では現地の人々の生活圏内でオーロラを観ることができる、という大きな利点があります。首都ヘルシンキには日本からの直行便も運航しており、アクセスも容易です。

★オーロラが観られる時期や時間帯は?★
統計で見ると一番夜が長くなる12月から1月、2月、3月と晴れる日が増えるにつれ観測できる確率が増えていきます。フィンランドのオーロラは比較的夜の早い時間帯から観賞できるのもポイントです。オーロラの発生時間帯は18時ごろから。生活時間帯にオーロラが観られるのです。観測確率が高い時間が、時差の関係で、午前24時~午前4時頃となる北米・カナダに比べてかなり早い時間となりますね。
[みゅう]の現地発ツアー、「オーロライナー」でもオーロラの出現を待つ時間帯は21時~24時頃。
ホテルへの帰着時間も24時~25時となり、体力的に負担が少ないのが嬉しいですね。
ロヴァニエミでは、オーロラ観測地のスノーホテルにそのまま宿泊できるツアーもございます!

★寒さは比較的緩やか!?★
他にオーロラ観測地として知られるアラスカやカナダなどに比べると、フィンランドは比較的気温が高めで、寒さは穏やかとなります。(といっても寒いですが・・・)
それでも北米は-30度になることも珍しくありませんので、現地の人々が生活している範囲内の気温でオーロラが観れる、ということになります。

●オーロラ観賞ツアー参加のときの服装は?●

極寒の地、しかも夜ということで防寒対策が気になるところですが、オーロラが出現するまでは暖かい場所で待機していただくことになりますので基本は「重ね着」です。
もちろん、外はかなりの寒さですので、暖かいジャケット、耳の隠れる帽子や手袋などの防寒具は必須です。
靴はくるぶしが隠れる丈の滑りにくいスノーシューズやトレッキングシューズがおすすめです。
また凍傷を避けるため、外に出る際はなるべく肌の露出する部分がないようにしましょう。

★オーロラが出現しなかったら・・・★
オーロラは自然現象。研究機関の統計によると遭遇率はシーズン全体を通してみた場合に3日に1回の割合といわれています。(3日いれば必ず見られるというわけではありません...)
[みゅう]のツアーでは、残念ながらオーロラを見ることが出来なかった場合でもお楽しみいただける内容となっています。

★日中の観光も楽しめる!★
生活圏内でオーロラを観賞できるフィンランドでは、オーロラ観賞だけでなく旅の楽しみも様々。
ロヴァニエミではサンタクロース村を訪ねたり、犬ぞりやトナカイぞりなど、この地方ならではのアクティビティも充実しています。シンプルな北欧デザインのグッズやお土産探しもおすすめ!

★オーロラの写真撮影について★
オーロラの撮影には以下の準備をされておくと便利です。

①三脚
⇒暗闇での撮影となりますので三脚がないと写真がブレるようです。

②事前のカメラの設定
⇒基本的な設定は観光が始まる前に完了しておくことがベストです。

③暗闇での撮影の練習
⇒暗闇での撮影となりますので、モードの微調整やシャッター位置の確認など、事前に充分に練習をしておかれることをお勧めします。

雪と氷で作られた「スノーホテル」って?
北欧ならではの芸術的でユニークなホテルです

「スノーホテル」はその名の通り、本物の雪と氷で作られた北極圏ならではのホテルです。
ロヴァニエミ発のオーロラ・アドベンチャーツアーではそのスノーホテルでオーロラを観賞。ホテル内も見学できます。さらにホテルに宿泊できる現地ツアーもございます!

大きなカマクラのような室内には氷で作られたベッドが。さらに雪の家具、寝具はトナカイの毛皮と、北極圏らしいユニークな宿泊体験ができます。芸術的な氷の彫刻や繊細なデザインで飾られたホテル内には幻想的な雰囲気が漂うチャペルや、クールな「アイスバー」(もちろんグラスは氷!)など、北欧の国独特のエキゾティックなムードを高めてくれます。

このホテルの特別体験のひとつが「スノーサウナ」。[みゅう]オーロラ・アドベンチャーツアーでは、雪と氷で作られたこの不思議なサウナを体験できるプランもございます。

★スノーホテル内の寒さは?
スノーホテル館内の気温は基本的に0度~マイナス5度となっています。防寒具のご準備は万全に!
それでも寒くて眠れない・・・という方のために、館内には避難用の暖かい部屋がございます。避難用の部屋には2段ベッドが数個あり(事前予約はできません)ますので、万が一の場合はこちらの仮眠室でお休みいただけます。

※12月はスノーホテル建設中のため内部見学はできません。建設中のホテル見学となります。

ガラスイグルー宿泊プランもあります!
スノーホテル内にあるもうひとつの宿泊施設「ガラスイグルー」。ガラスの屋根で覆われた小さな家のようなプライベートな空間の上に広がる夜空を眺めながらの宿泊がお楽しみいただけます。運が良ければ寝ながらオーロラ観賞ができるかも!?

[みゅう]ではオーロライナーの催行期間中、オーロラツアーデスクを設置しています。
 オーロラツアーについてのお問い合わせはもちろん、その他のオプショナルツアーの販売や緊急時の対応でお客様の旅をサポート

 しますので個人の旅行でも安心です。ツアーデスクはオーロライナーの集合場所なので便利です!お気軽にご利用ください。

 ※開設期間は変更される場合があります。

ロヴァニエミとサーリセルカの移動に便利な路線バス

ラップランドの町、ロヴァニエミとサーリセルカを結ぶ路線バスがあります。
毎日運行しているので、2つの町の移動に大変便利です。

PICT

ロヴァニエミ発 ラップランド路線バス ロヴァニエミ発 サーリセルカ行き

ロヴァニエミからサーリセルカまでの移動に便利な路線バスです。

1名様あたり料金

51.00EUR (6,754円)~

詳細はこちら

PICT

サーリセルカ発 ラップランド路線バス サーリセルカ発 ロヴァニエミ行き

サーリセルカからロヴァニエミまでの移動に便利な路線バスです。

1名様あたり料金

51.00EUR (6,754円)~

詳細はこちら

一覧へ戻る