有名シャンパンセラー見学ツアー モエ・エ・シャンドンとヴーヴ・クリコ パリオプショナルツアー 詳細ページ

パリの観光ツアー・レストラン・チケット

パリ発
【8/14・9/18限定催行】 18名限定!モエ・エ・シャンドンとヴーヴ・クリコシャンパンセラー見学1日観光 昼食付

予約する

250.00EUR (31,263円)
※1名様あたりの料金

8月14日、9月18日の2日間限定の特別ツアー

シャンパンメーカーとして世界的に有名な「モエ・エ・シャンドン」と、上品なイエローラベルが代名詞とも言える高級シャンパンメーカー「ヴーヴ・クリコ」のシャンパンセラーを訪れます。シャンパンを発明したとされる「ドン・ペリニヨン」の製法を受け継ぐ「モエ・エ・シャンドン」社、そしてシャンパン製造工程に大革命を起こした「ヴーヴ・クリコ」社。フランスが世界に誇るシャンパンメーカーとして君臨する2つのシャンパンセラー見学は、フランス旅行の最高の思い出に残るはずです!

モエ・エ・シャンドン

モエ・エ・シャンドンの広大な地下セラー

誰もが聞いたことがあるだろう高級シャンパンといえば「ドン・ペリニヨン」。シャンパンを発明したと言い伝えられているベネディクト会の修道士ドン・ピエール・ペリニヨンの名前を冠したこのシャンパンは、世界的に有名なシャンパンメーカー、モエ・エ・シャンドンで造られています。
1743年に創業したモエ・エ・シャンドンは、フランス王室をはじめ、ヨーロッパ各国の王室や貴族の御用達となった輝かしい歴史を持っています。中でもナポレオン1世が愛好したことで有名で、モエ・エ・シャンドンを代表するシャンパンの一つ「アンペリアル(=皇帝)」の名前は、皇帝ナポレオン1世への敬意を表して付けられたものです。

広大なセラー

モエ・エ・シャンドンの地下シャンパンセラーは、2015年に「シャンパーニュの丘陵・メゾンとカーヴ」としてユネスコ世界遺産にも登録されました。地下10メートルから30メートルにある全長28キロメートルにも及ぶ規模のシャンパンセラーでは、セラーの専門ガイドがモエ・エ・シャンドンの歴史とともに、どのようにシャンパンが造られるかを解説してくれます。そして、見学の後は芳醇な香りを放つエレガントなシャンパンのテイスティングをお楽しみいただきます。

☆★☆★ スタッフブログ ★☆★☆
リニューアルオープン!シャンパンメーカー「モエ・エ・シャンドン」
夏限定♪モエのアイス・アンペリアル・シャンパン
ドン・ペリはなぜ高いの?

素朴な教会内にドン・ペリニヨンのお墓があります

高級シャンパンの故郷オーヴィレール村

モエ・エ・シャンドンがあるエペルネから約6km北にあるオーヴィレール村に、このドン・ペリニヨン修道士が眠る教会があります。また、オーヴィレール村にはモエ・エ・シャンドンやヴーヴ・クリコのシャンパンになる特級のブドウが栽培されている292ヘクタールものブドウ畑があります。
[みゅう]スタッフがイチオシの広大なブドウ畑を見渡す絶景スポットで、写真ストップの時間をお取りします!

ヴーヴ・クリコのボトルとセラー

シャンパンの革命を起こしたヴーヴ・クリコ

上品なイエローラベルが印象的なヴーヴ・クリコのシャンパン。爽やかですっきりとした飲み口が魅力の辛口シャンパンです。
シャンパンメーカーを経営していた主人が亡くなり、未亡人となったマダム・クリコが夫の遺志と事業を受け継ぎ、「ヴーヴ・クリコ」が誕生しました。彼女は、シャンパンにより良い品質を追求する中で、製造の過程における革命的な発明をし、フランスを代表するシャンパンメーカーになる礎を築きました。また、マダム・クリコは世界初のロゼ・シャンパンを発明したことでも知られています。
ランスにあるヴーヴ・クリコのシャンパンセラーでは、ヴーヴ・クリコの専門ガイドがヴーヴ・クリコ社の歴史やシャンパンの製造工程を詳しく解説してくれます。


☆★☆★ スタッフブログ ★☆★☆
マダム・クリコの最高級シャンパン、ヴーヴ・クリコ

画像はイメージです

シャンパン1グラス付きの昼食付

昼食はシャンパーニュ地方で地元でも人気のレストランで、シャンパン1グラス付きのランチをおとりいただきます。 田舎ならではのゆったりとした雰囲気の中お食事をお楽しみください。

世界遺産ランスのノートルダム大聖堂

シャンパーニュと大聖堂の町、ランス

世界遺産に登録されているランスのノートルダム大聖堂は、歴代のフランス王が戴冠式を行ったフランス随一の格式を誇ります。ゴシック大聖堂の傑作であり、端正さと華麗さを併せもつ均整の取れた大聖堂です。シャガールのステンドグラスがあることでも知られています。

フジタ礼拝堂

フジタ礼拝堂を訪れることもできます

ツアーでは、希望者に限り、ランス大聖堂見学の代わりにフジタ礼拝堂へご案内いたします。フランスで活躍した日本人画家、藤田嗣治(レオナール・フジタ)が描いたフレスコ画が描かれている小さくも美しい礼拝堂はフジタファンなら訪れてみたい場所です。
フジタは、1920年代にシャガールやモディリアニらも属していたパリ在住の画家集団、エコール・ド・パリの代表的な画家の1人です。フランスで最も有名な日本人の1人であるフジタは、昨今フランスと日本で相次いで研究書が出版されるなど、注目が集まっています。没後50年にあたる2018年には、日本でもフジタの大回顧展が東京都美術館で行われ、大きな話題になりました。
※フジタ礼拝堂の入場料はツアー代金に含まれておりません。ご入場の際にお客様各自でお支払いいただきます。(入場料の目安は5ユーロです。)

[みゅう]のイラスト付き解説シートをプレゼント

シャンパンは、まず白ワインを造り、酵母と砂糖を入れてビン内で二次発酵させます。やがてビンの内部で炭酸が生まれ、白ワインはシャンパンに生まれ変わりますが、その後はこのセラー内で長い熟成期間を経て出荷されていきます。
シャンパンの作り方がわかる[みゅう]オリジナルイラストを参加者全員にプレゼントしますので、イラストを見ながら見学すれば、奥深いシャンパンの作り方について、より深く理解することができます。

1名様あたり料金 (当サイトのオンライン予約での料金です。他の方法でのご予約は料金が異なる場合があります。)
A:大人(6歳~)
250.00 EUR (31,263円)
催行日/利用可能日
8/14、9/18の限定催行
ガイド・アシスタント
日本語アシスタント
最少催行人数
1名
集合時間
集合場所

集合時間:7:20
集合場所:ギャラリーラファイエット本館ショセダンタン角玄関口

集合場所をグーグルマップで見る

終了場所
オペラ座付近
所要時間
約11時間
時間
スケジュール内容
7:30
出発
9:45
モエ・エ・シャンドンでのセラー見学とシャンパンテイスティング1杯
11:00
オーヴィレール村へ
11:30
オーヴィレール村着、ドン・ペリニヨンの眠る教会を見学
途中、ぶどう畑を一望できるスポットにご案内します
12:00
昼食
13:00
ランスにあるヴーヴ・クリコのシャンパンセラーへ向けて出発
13:30
ヴーヴ・クリコ着
シャンパンセラーの見学とシャンパンテイスティング1杯
15:15
世界遺産ランス大聖堂自由見学
16:00
パリに向けて出発
18:30
解散
    企画・実施会社: [みゅう] パリ (ミキトラベル・パリ)

    ※モエ・エ・シャンドン及びヴーヴ・クリコのセラーの予約状況により、ツアーのスケジュールが変更になる場合がございます。
    ※モエ・エ・シャンドン及びヴーヴ・クリコのセラー見学は、英語またはフランス語での案内となります。
    ※モエ・エ・シャンドン及びヴーヴ・クリコが閉館、プライベート貸切、満席などで予約が取れない場合はツアー不催行となります。
    ※このツアーの定員は18名ですが、モエ・エ・シャンドン及びヴーヴ・クリコのシャンパンセラー見学が満員になった場合、18名以下であっても申し込み受け付けを終了します。
    ※当日の交通事情等などによりスケジュールの変更や帰着時間が遅くなる場合があります。その場合でも返金はありません。

    ※20歳未満のお客様はシャンパンの試飲をご遠慮いただきます。
    ※シャンパンセラー見学時は冷えますので羽織るものを持参されることをおすすめします。また、階段や薄暗い中を歩きますので、歩きやすい靴でご参加ください。
    ※フジタ礼拝堂の見学をご希望の方は、当日ガイドにお申し出ください。なお、フジタ礼拝堂の入場料はツアー代金に含まれておりません。ご希望の方は入場時に各自ででお支払いいただきます。(入場料の目安は5ユーロです。)
フランスのオプショナルツアー一覧へ