【プライベートツアー】日本語ガイドと市バスで行く シャガール美術館とマティス美術館 半日観光 ニースオプショナルツアー 詳細ページ

ニースの観光ツアー・レストラン・チケット

ニース発
【プライベートツアー】日本語ガイドと市バスで行く シャガール美術館とマティス美術館 半日観光

シャガール美術館

シャガール美術館とマティス美術館をじっくり鑑賞

シャガール美術館とマティス美術館を、美術に精通したガイドの解説とともに鑑賞します。
館内では日本語ガイドが作品を解説しますので、より深く2人の現代美術の巨匠の世界を味わうことができます。お客様のペースにあわせてご案内しますので、質問も気軽にしていただけます。
市バスの乗り方がわからない方でも、ツアーでは日本語ガイドが一緒なので安心です。また、ツアー終了後も、市バスの利用のしかたがわかるので、行動範囲が広がります。
ツアー終了場所は、お客様滞在のホテルに帰ることも、ニース市内のお好きな場所を指定することもできます。

シャガール「青いサーカス」

シャガールの世界観に触れる

1966年、シャガールが17点の連作『聖書のメッセージ』をフランス国家に寄贈したことにより作られた美術館が、この国立マルク・シャガール美術館です。美術館建設にあたり、シャガールは設計段階から積極的に関わり、必見箇所の1つであるオーディトリウムのステンドグラスやモザイクは彼の主導で完成しました。完成後もコレクションは拡充され、現在では世界で最も充実したシャガールコレクションを持つ美術館の1つになっています。
「色彩の魔術師」と呼ばれたマルク・シャガール。大絵画に大胆に表現された色使いに目を奪われます。シャガールは帝政ロシアで生まれ、ユダヤ系の出自を持ち、20世紀の芸術様式に影響を受けながら自らの世界観を築き上げました。旧約聖書をモチーフにしたシャガールの作品を、美術に精通したガイドのご案内で堪能していただきます。
★スタッフブログ★
ため息モノの絵画に囲まれる。ニース、シャガール美術館

マティス美術館内

マティスの邸宅だった美術館

シミエの丘にあるマティス美術館。かつてマティスが暮らした赤い外観の邸宅には、マティスのあらゆる時代の作品が展示されています。
絵画だけでなく、デッサン、版画、彫刻とあらゆる作品が展示されているので、多才なアーティストであるマティスの出発点からの芸術的発展の全体像を概観することができます。絵画の中に度々登場するマティスが愛用していた様々な物にも注目です。
★スタッフブログ★
ニースの高台、オリーブ林に囲まれたマティス美術館

大変申し訳ございませんが、現在販売中のプランはございません。
集合時間
集合場所

集合時間:午前発 9:30、午後発 13:30
集合場所:ニース市内ご宿泊ホテル

終了場所
ニース市内ご宿泊ホテル、またはご希望の場所
所要時間
約3時間
時間
スケジュール内容
9:30/13:30
ホテルを出発
市バスに乗り、シャガール美術館に向かいます
シャガール美術館入場見学(約1時間)
マチス美術館へ移動
マチス美術館入場見学(約1時間)
12:30/16:30
ニース市内ホテルまたはニース市内にて終了
    企画・実施会社: [みゅう] パリ (ミキトラベル・パリ)

    ※美術館がストライキの現地事情により突然閉館する場合、ツアーは不催行となります。また、ツアー出発後に閉館した場合は、返金はいたしかねますのでご了承ください。
    ※ガイドによるホテルへのお迎え、お送りはニース市内が対象です。

    ※5月、7月、8月は美術館の見学者が多くなるため、入場待ちのためにお待ちいただく場合もございます。
フランスのオプショナルツアー一覧へ